カナダで一番長い川はマッケンジー川!全長4241km!信濃川の11.5倍以上の長さ!(その1)

カナダ
David MarkによるPixabayからの画像
この記事は約5分で読めます。

全長4,241 kmのマッケンジー川は、アメリカのミシシッピ川に次いで北米で2番目に長い川です。

マッケンジー川の始点は、オーロラが見る事ができるイエローナイフが位置するグレートスレーブ湖です。

信濃川の11.5倍以上の長さのマッケンジー川について解説していきます。

JoeBreuerによるPixabayからの画像

マッケンジー川の概要

マッケンジー川は、グレートスレイブ湖からビューフォート海まで、ノースウェスト準州を北西に流れています。

全長4,241 kmのマッケンジー川は、斜めに切り裂いています。

総流域-180万km2-はカナダで最大です。平均流量は9,700 m3/s、セントローレンス川に次いで2番目です。

マッケンジー川のピーク流量は6月に発生しますが、川の東の平坦な地形と河川傍の大きな湖で、流量は均一に保たれています。

マッケンジー川の流れ

マッケンジー川は、フォートプロビデンスの近くのレートスレイブ湖の西側から始まります。

Alain AudetによるPixabayからの画像

さらに下流約300 kmで、リアード川はマッケンジーの南岸に達します。

その後すぐに、ノースナハンニ川の近くで、マッケンジーは起伏のある平野を西から北西に流れ、マッケンジー山脈の急斜面を過ぎて北に曲がります。

brigachtalによるPixabayからの画像

ノーマンウェルズを過ぎて、マッケンジーは水草の多い水路を通り抜け、5 kmに広がるリブのある崖の下まで続き、その川は無数の島々が点在します。

フォートグッドホープの数キロ手間で、河川は再び広がり(ランパーツと呼ばれる石灰岩の崖の間に)、北西に向けて蛇行し、水路は島と砂州地帯を抜け北極海へと流れ込みます。

北極圏のレッドリバーは海から270 kmの地点から始まり、マッケンジー三角州はポイントセパレーションから始まります。

マッケンジー川の三角州

マッケンジー川の三角州は、川の堆積物で構成された島であり、黒い針葉樹で覆われています。

これらの針葉樹は丸太の建物の建設に使用するのに十分な大きさであり、燃料として広く使用されています。

三角州は、西のリチャードソン山脈と東のカリブー丘陵に囲まれた直径80 kmに位置します。

マッケンジー川の三角州は、3つの主要な航行可能な水路に分かれています。

イーストチャネルは、デルタの東端にあるイヌヴィクを過ぎて流れます。アクラヴィックを過ぎて流れる西端のピールチャネル。ミドルチャネルは、ビューフォート海へ、マッケンジー川の水流を運びます。

マッケンジー川の生態系

自然環境:魚・鳥・哺乳類

春と夏の時期の雪解けにより、マッケンジー川は堆積物と溶解した固形物で満たされます。一年中、マッケンジー川は他のどの北極圏の川よりも多くの固形物を運びます。そのため、生態系は豊かです。

54種の魚が川で見つかっており、その多くはマッケンジー川とその支流の間を泳ぎます。

産卵のために海から淡水に移動する魚たちは、遠い距離を移動します。たとえば、アークティックシスコは、三角州からマッケンジー川を上って、リアード川まで移動します。なんと、3000kmはあります。

また、雪ガチョウ、ツンドラ白鳥、ツルなどの渡り鳥は、マッケンジー川を移動ルートとして使用し、夏季は三角州で過ごします。

Eleanor JohnsonによるPixabayからの画像

春には、マッケンジー三角州はベルーガの出産地になります。

ArtTowerによるPixabayからの画像

マッケンジー三角州を構成する水路や湖には、毛皮の産業を長く支えてきたマスクラットの生息地でもあります。

kees1によるPixabayからの画像

その他、ヘラジカ、ミンク、ビーバー、ウッドカエルも、マッケンジー川で見られます。

David MarkによるPixabayからの画像

気候変動による危惧

他の北極圏の生態系と同様、気候変動と汚染物質、特に長距離汚染物質は、マッケンジー川の沿岸に沿って生息する植物、動物、人、魚の健康に懸念をもたらします。

永久凍土が解けると、石油およびガス探査からの掘削廃棄物が露出し、自然環境を汚染する恐れがあります。

温暖化の結果として、河川流量の変化が懸念されています。

具体的には、積雪と融解の変化により、マッケンジー川沿いの春と夏に水位が低下し、秋と冬に水位が上昇します。

気候変動は、北極圏で見られる水銀やポリ塩化ビフェニル(PCB)などの汚染物質と相互作用しています。

1980年代半ば以降、マッケンジー川の最高の捕食者であり、地域の重要な食料源であるバーボット(北米の口の周りに触鬚を持つ細長い体の淡水性のタラ)の毒素レベルは著しく増加しています。

また、水銀はマッケンジー川からビューフォート海と北極海に流れており、ベルーガや他の種によって消費されています。

最後に一言

全長4,241 kmのマッケンジー川は、スケールの大きな川でした。

ベルーガの繁殖地なんですね。環境を守っていってあがたいものです。

北極圏の極寒の地はどのような歴史があり、どのように発展してきたのでしょうか?

続く記事では、マッケンジー川に関わる歴史と発展を解説します。

コメント

  1. […] カナダで一番長い川はマッケンジー川!全長4241km!信濃川の11.5倍以上の長… […]

タイトルとURLをコピーしました